帯広ナビ | 帯広なびブログ

ダイイチのおはぎ と お彼岸の豆知識

 ダイイチの『おはぎ』は、仙台市内にある行列のできる店「さいち」で、
1日平均2万個売れる人気の「おはぎ」の作り方を、ダイイチの社員さんが
現地で直接学んできたそうです。 ( ̄ー ̄)bグッ!!
 そして「十勝小豆100%」をじっくり煮込み、甘すぎず上品に仕上げた
あんこをたっぷりと使用して、当日炊き立てのもち米を包み、ふっくらと
仕上げてあるそうです。



 私的には、他の店やメーカーさんのと比べると大きくて、
もち米とあんこの割合もあんこたっぷりなのに甘すぎず、
どっしりして手作りって感じで、大好きなんです。 (*>∀<*)

 秋になって9月始め頃?チラシに「栗入りおはぎ」が載ってて、
翌日の午後に買いに行ったら売り切れで、 (><)
お彼岸の時期にまた出るだろうとチェックして待っていました。
 そしてお彼岸のチラシに載ったので、今度は当日の午前中に買いに行って
ゲット出来ました。 ( ̄ー ̄V)ニヤリ
 飾りにもみじの葉の入ってて秋らしいし、同じお値段なので、栗が入ってると
小豆が減ってるのかも知れませんが、お得な気がして嬉しかったです。





★「ぼたもち」と「おはぎ」の豆知識。 ....〆(・ω・。)


 違いは諸説あるようですが、一番多いのが「食べる時期が違うだけで同じ物を、
春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」と呼ぶ」説では、その他に夏と冬にも
正式な呼び名があるそうです。

・春 「牡丹餅」
 牡丹の花が咲く季節、すなわち春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた
 小豆あんの様子を、牡丹の花に見立てたことから。 
 和漢三才図会には「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」と
 記されている。

・夏 「夜船 (よふね)」
 ぼたもちは、もちと作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」のような音を
 出さずに作ることができる。だから隣に住む人には、いつ搗(つ)いたのか分からない。
 そこで「搗き知らず」→「着き知らず」と言葉遊びをして、夜は暗くて船が
 いつ着いたのかわからないことから。

・秋 「御萩」
 牡丹餅と同じく、小豆あんの様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。

・冬 「北窓 (きたまど)」
 夜船と同じように、「搗き知らず」→「月知らず」と言葉遊びをして、月を知らない、
 つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから。


ほかの俗説

 外側の違いで・・・
 ・小豆あんをつけたものが「ぼたもち」、黄な粉をまぶしたものが「おはぎ」
 ・こしあんをつけたものが「ぼたもち」、つぶあんや煮た小豆そのままを使ったものが「おはぎ」
 ・丸くて大きいものが「ぼたもち」、小ぶりで長めに作られたものが「おはぎ」

 内側の違いで・・・
 ・中の米が、もち状態なのが「ぼたもち」、ついた米の粒が残っているものが「おはぎ」
 ・もち米を主とするものが「ぼたもち」、うるち米を主とするものが「おはぎ」

 以前は、関東では「おはぎ」とよび、関西では「ぼたもち」とよぶ傾向が
強かったようですが、東京の呼び名で商品として全国に販売・流通するようになって、
全国的に年中通して「おはぎ」とよぶことが多くなったようです。




★ ぼたもち・おはぎをお供えして食べる「お彼岸」の豆知識。 ....〆(・ω・。)


 春彼岸は春分の日(3月21日)、秋彼岸は秋分の日(9月23日)を
中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸と言います。
 仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といい、
その反対側の私たちがいる、迷いや煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。
そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って
昼と夜の長さがほぼ同じになります。
 この世とあの世が接する日と考えられ、この中日には先祖をしのび、今ある自分を
育ててくれた先祖に感謝し、自らも彼岸に到達できるように精進する日という訳です。
お墓参りは中日に限らず、お彼岸中ならば良いのだそうです。


 今年2014年は 彼岸入り9/20(土)〜彼岸明け9/26(金)でしたので、
土日や中日(秋分の日・祝日)にお参りした人が多いのか、
24日に私がお寺に行った時間は、貸し切り状態でした。 ( ̄▽ ̄;)

お盆に見かける「なす と きゅうり」は「精霊馬(しょうりょううま)」

お盆時期に見かける 「なす」と「きゅうり」で作られてる馬。
この馬の名前は「精霊馬(しょうりょううま)」と言うそうです。  (o^-')b

わらやプラスチックで出来たものがスーパーでも売っていますが、
昔祖母が作っていたのを思い出し、ちょうど家庭菜園で「なす」と「きゅうり」が
取れたので、今年は久しぶりに自分達で作ってみました。  (^-^)





色々調べてみると・・・、
「きゅうり」が馬「なす」は牛と例えられ、お盆のときにご先祖様などの霊を
「少しでも早く帰って来てもらえる様にと「早駆けの馬」を」、 帰りは
「ゆっくりとそして沢山の土産を乗せられる様にと「力強い牛」を」という
願いが込められている様です。
一説には、 「精霊がキュウリの馬に乗り、牛には荷物を乗せて楽に帰れるように」と
いう意味が込められているとも言われています。

精霊馬の置き方は・・・、
お仏壇に飾るのではなく盆棚を作るとされています。
一般的な盆棚は、正面に位牌などを置き季節の果物や砂糖菓子、水などを供えます。
精霊馬の置き方は、お仏壇の前に精霊棚を設置した場合、
迎える際には精霊馬の向きを位牌・仏壇側に向ける様に内側へ、
送る際には位牌・仏壇に背を向ける様に外側へと向けて置く様にします。

精霊馬の処分について・・・、
そのまま生ゴミへというのは気分がよくないですし、ご先祖様が乗ったものなので、
お役目を果たしてくれた精霊馬たちに感謝をする意味合いで、以前では川や海に
流したり土へ埋めるとされていた様ですが、最近は状況として難しいので、
その際は、半紙などで包んだり、 塩で清めた後に捨てるとよいとされています。


大きさによって足になるものは、割り箸ではなく爪楊枝でもいいようです。
先に何センチと図って印を付けてそこまで刺すと、バランスよく立つそうです。
私は適当に刺したので傾いてしまい、何度か刺し直しました。  (^.^;)
お子さんに説明しながら手作りするのも、楽しいかも知れませんよ。  ( ̄ー ̄)b

カーポートが付きました♪

駐車場のカーポートが完成しました。  (*^-^)/




工事中の時にご来店頂いたお客様には、足元が砂利で汚いなど
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。 <(_ _)>


玄関前までのL字型になっているので、雨や雪の日も濡れずに出入りできますよ。 (*^ー゜)b



自宅の車を使う事がある時はよけておきますので、ご予約時は軽自動車が奥に
停車していても遠慮せず、カーポートに停めて頂いて大丈夫です。

柱を建ててみると「奥は軽自動車だけ。ミラーをたたんで停めるしか入らない」と
業者さんに言われた時は、「失敗したな〜」と思いましたが、狭いのにも慣れてきました。 (^^;)

私の雪かきも大分楽になるので良かったです! (o´▽`o)v

虹色の雲の正体は『環水平アーク』

今日5/10(金)の帯広は晴れていましたね。 ♪(>▽<)/

午前11:15頃母の近所のお友達から電話で教えてもらって空を見たら、
『虹』ではなく『虹色の雲』が見えました。



雲なので西の方から南の方へ流れて行き、
だんだん広がって午前11:40頃には消えてしまいました。



私は初めて見ました。 (( ̄0 ̄))w!!


虹色の雲の正体は『環水平アーク』  ....〆(・ω・。) メモメモ 

虹は水滴でアーチ型に出るが、虹とは別の現象で
上空の氷の粒で太陽光線が屈折する事。
上部が赤色で両端が上に反る形になる。
太陽の真下約46度の位置に見え、太陽が高い時間のみ見える。
地平線が曇っていたり、太陽の高度が低い冬には見られない珍しい現象。

だそうです。 (v^ー°)

柳月のとろふわチーズのプリンブリュレ

藤丸7階催し会場で2012/4/19(木)〜24(火)までやっていた、
『第9回 パティシエ集合 』皆さん行かれましたか?

私はお菓子と言う事で気になるものは多かったのですが、
食べた事のあるものを抜かすと、『柳月のとろふわチーズのプリンブリュレ』に。 (^-^)
でも柳月さんだと「市内に何店もあるしいつでも買えるかな?」と思いましたが、さすが〜
『今回の催事限定商品・釧路限定販売商品』など、なかなか買えないものばかりでした。 (v^ー°)


新製品・期間限定の言葉や、珍しい物に弱い私 (^.^;) は、
“今回の催事限定”の言葉に引かれ、
柳月の『とろふわチーズのプリンブリュレ 1個@880』と
『きなこ餅ロール 1個@580?』を、買って来てもらいました。

『きなこ餅ロール』は、きな粉味のスポンジ?にきな粉味クリーム?な感じで
そして中に『柳月のきなこ餅』と『アズキ』が入っていて香ばしくて美味しかったです。 ( ゜∀゜)




そして私的に当たりだった『とろふわチーズのプリンブリュレ』は
本当に下の段のチーズケーキも上の段のプリンも“とろふわ”で、
バーナーで焼いたプリン表面の部分はパリパリしていて、チーズケーキとプリンの
組み合わせなのにくどく過ぎず、美味しかったです。 (o´▽`o)v



また食べたいと思いましたが最終日でしたし、“今回の催事限定”となっていましたが、
以前も人気があったのか催事限定品が店頭で一定期間販売していた商品もあったので、
ぜひ店頭販売される事を願っています。 (人´∀`) 

<< October 2017
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

ショップブログTOP

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Myリンク