帯広ナビ | 帯広なびブログ

なぜ体調は天候に左右されるの?

冷房から、いきなり暖房が必要なくらいの気温差に、低気圧と雨降り…
天候の激変に体がついていけず、体調が優れないですよね。

でも、天候の影響を受けやすい人と、受けにくい人は何が違うのでしょう?

私たちの体は天候の変動により、常に身体的なストレスを受けています。
では、天候で体調が悪くなるのはなぜなのか?
そのとき身体はどうなっているのか?

続きは、「ななMEGURIホームページお知らせ」欄で掲載しています。

天候の影響を受けやすい方、ぜひご覧ください。

今から始めましょう!

明日の帯広は30℃越えの予報ですね。

夏の暑い時期に「質の良い睡眠」がとれないと、免疫力が低下して、夏バテや夏風邪がなかなか治らないなどの体調不良がおこります。そして、次の季節の変わり目の体調にも影響を及ぼします。

まだ、暑くて寝苦しいほどではないと思いますが、寝室にエアコンがある方は、睡眠時エアコンを使用して、室温を、脳(自律神経)にとって最適な環境に調節して眠ることをオススメいたします。

24℃以上の室温で眠ると、暑いと感じたり、汗をかいたりします。それは、身体が活動していることを意味し、脳にとって必要な休息環境は満たされていないということです。
睡眠の最大の目的は脳の休養なので、身体の活動を最低ラインに抑えることが重要です。

体格や体質により全員が同じとはなりませんが、頭の位置が18℃〜22℃の間で管理し、季節に関係なく同じ衣服、布団を使用して、布団の中が暖かくて気持ちいいと感じる環境で眠ることが、脳の休息にはとても大切です。

「脳呼吸法ホームケア」と合わせて、今から夏の体調管理に、実践してみてください。


ななMEGURI(ナナメグリ)の新しいホームページを開設いたしました。

https://csf-nanameguri.com

CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)とは?
免疫力って何?免疫力が高いってどういう状態?
健康を維持するために何が必要か?などなど
今後はこちらからも、身体や健康についてのいろいろを配信していきます。
ぜひ、ご覧下さいませ。

運動不足?or睡眠不足?

「運動は身体に良い、運動をすると元気になる」と言われ、頑張って「運動をしなければ」と思っていませんか?

でもその「運動は身体に良く、元気になる」という健康常識が、あなたの健康を損なう原因になっているかもしれません。

運動の種類はさまざまあります。
敵と戦うための運動(武道など)、趣味として行う運動(ウォーキング、ジョギング、スポーツなど)、食糧やお金を得るための運動(労働)、身体を鍛えたりする運動…など。
それぞれ目的は違いますが、実は座っていることも不自然で特殊な運動です。
そして、すべての運動は基本的に、身体に疲労を蓄積させます。
さらに言うと、食べた物を消化するためにも体は働きます。消化によっても身体は疲れるので、食べたからその分運動と考えるのは違っているのです。

確かに、走ることや歩くことは人にとって必要不可欠な運動です。でもその量は人によって、また同じ人でも日によって違います。だから、運動の種類とその量をよく考えることが必要です。
そして、もっとも重要なのは『その運動量に匹敵するだけの休養や睡眠をとる』ことです。


あなたは、朝起きたとき「ぐっすり眠れた。疲れがとれて元気になった」と感じていますか?

睡眠が不足すると脳は疲労します。
脳が疲労すると生命力・免疫力も低下して脳の老化が進んでしまいます。だから、運動をしたらその分しっかり眠ることが重要なのです。

しかし現代人には、それがとても難しいのです。
さまざまな要因の身体的ストレスによる疲労で、時間のある高齢者であっても疲労をすべて解消するための睡眠が十分にとれていないのが現状です。
そして睡眠は、ただ長い時間寝れば良いというわけではありません。脳の疲労をとるためには時間ではなく「質の良い睡眠」が必要なのです。

CSFプラクティスには「脳呼吸法」というホームケアがあります。
眠る前に行い、大きい頭を小さくして、脳の圧迫ストレスを減らすことで「質の良い睡眠」がとりやすくなるのです。

◇ ななMEGURI「LINE公式アカウントID『 @592kvxzz 』」で、脳呼吸法ホームケアを紹介しています。お友達登録でご覧ください。

ホームケアは「腕を上げる・かかとを上げる」だけの簡単な方法です。「元気だから、運動(仕事)ができる」身体を目指し、毎日の生活に取り入れてみてください。

脳の呼吸を整えて!

◇ CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)とは?

脳脊髄液を、排出・吸収・増産させて循環を促し、本来の力を失った、脳・自律神経の活性化をはかる施術法です。自律神経の活性化は身体の機能的な改善をはかり形態的なバランスもとります。

「脳脊髄液の循環」に注目すべき理由

「体内時計」が狂うと、睡眠障害や、がん、生活習慣病、循環器疾患、代謝疾患ほか、精神疾患にまでつながると考えられています。睡眠障害などが起これば、脳機能がうまく働かなくなるので、日常の生活や、勉強、仕事にも影響します。

そして、それは「脳脊髄液の循環」においても同じことがいえるのです。

「脳の呼吸」とは、脳脊髄液をつくり出し、分泌する、いわゆる脳脊髄液の循環のことです。脳脊髄液の循環が滞り、脳が圧迫されてしまうと、頭痛や“めまい”、“だるさ”だけではなく、思考力・理解力・記憶力の低下まで引き起こすことになります。

健康のため、仕事や勉強のパフォーマンスを上げるためにも、脳の呼吸を整えて、脳脊髄液の循環を良くしておくことが大切です。


◇ 今回は「脳の呼吸を整えれば〜」シリーズ2冊の書籍から、脳の呼吸を整えるホームケアの一部を紹介します。脳脊髄液の循環を良くして、仕事や勉強のパフォーマンスを上げてくださいね!


《 脳の呼吸を整える方法 》

1.脳呼吸法(手上げ法)

@ 仰向けに寝て、手は気をつけの状態にする。
A 左の腕を上げて15秒間維持する。
B 上げた左の腕を下げて15間維持する。
C AとBを交互に5回ほど繰り返す。


2.脳呼吸法(足上げ法)

@ 前屈みにならないように椅子に座る。
A 右のかかとを1cm上げて15秒間維持する。
B 上げた右のかかとを下げて15秒間維持する。
C AとBを交互に5回ほど繰り返す。

※ 1か2のどちらか一つを行います。
正しく行えば、99%以上の人は、左の腕、右のかかとを上げることで「頭が小さくなる」、「肋骨脇のたるみが少なくなる」といった効果がありますが、効果がでない人は反対の手足でも行ってみてください。


◇「LINE」でもう少し詳しいホームケアの説明をイラスト付きで載せています。ぜひお友達登録でご覧ください。

ななMEGURI
LINEアカウントID『 @592kvxzz 』

はじめは効果がわからなくても、正しく行えば脳脊髄液の循環は良くなっています。他のどのような健康法よりも健康に近づけるホームケアを毎日続けてみてください。

見過ごしていませんか?

その不調…見過ごさないでください。

不調は体が教えてくれる病気の前のサインです。

未病とは?
病気は、ある日突然発症するわけではありません。
「未病」は、文字通り「未だ病気ではない」という意味です。病気ではないけれど“病気へ向かって進んでいる”、“病気になる危険性が高まっている”という状態だと考えてみると、確かなのは、このまま時間が経てば“病気”になる確率が高いということです。

病気にならないためには、未病のサインを見逃さないことがとても大切です。
どこかに不調がある場合、体は必ずサインを出してくれます。しかし、最初のうちは大きな苦痛をともなうサインではないので、ついつい見過ごしてしまうのです。

たとえば、このごろ疲れやすいと感じることがあったとします。でもそれだけで病院へ行く人はいないと思います。仮に病院へ行っても、検査で問題がなければ、何の治療も行わないのではないでしょうか。
そして、しばらくすると、疲れやすいことが普通の状態と感じるようになります。疲労の蓄積により感覚がマヒしてしまうのです。

体は疲れやすいというサインを出して、“どこかに異常があるよ”と訴えているにもかかわらず、本人はそれをほったらかしにしているわけです。そのため、ときにはひどい苦痛に悩まされ、病院へ駆け込む事態に至ってしまうわけです。

ほかにも、体調不良のサインはたくさんあります。眠れない、食欲がない、頭が痛い、肩や首がひどく凝る、便秘がち、下痢になりやすい、尿トラブル、肌が荒れる、むくみが取れない、といったものや、
元気がでない、集中できない、気分がふさぐ、イライラする、ふらつく、認知機能の低下、息が切れる、脚力の衰え、といったものも不調のサインです。

こうしたサインが出ているときには、免疫力が低下していると考えられます。 そして現在は、疲労の蓄積、気候の激変、ウイルスなどの影響で多くの人の生命力・免疫力が極端に低下しています。


全ての体調不良や病気、感染症に対しても重要な働きをするのが「免疫力」です。
身体は自身の治る力で治っていくのであって、治る力が足りないと治らないのです。

そして、健康を維持するには、今ある症状を取ることだけではなく、身体全体の代謝を良くして治るのに必要な体力をつけておくことがとても大切です。

その治る力を発揮させるカギは「脳の呼吸を整える」ことにあります。

外出を自粛しても、こまめに消毒を繰り返しても、マスクをしても、免疫力は上がりません。
コロナ禍の今だからこそ、免疫力アップを考えてみませんか?

十勝でCSFプラクティスの認知度はまだまだ低いですが、だからこそぜひお試しください。

1回ですぐに全てが良くはなりませんが、1回でほかの療法と何が違うのか分かります!

<< November 2021
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

ショップブログTOP

サイト内検索

最近の記事