帯広ナビ | 帯広なびブログ

女性警察官の部屋のぞく 北海道、交番勤務の巡査

こんなツイートがあるよ。
勝毎さんには出てた?
知らなかった。

『あまりに腹が立ったので警察の回答を待たずに投稿する。
先月、帯広署の巡査が同僚女性の着替えを覗き、これを数社が報道した。
すると道警は、最初に打ったNHKを「出入り禁止」扱いにした。
誘拐とか責任能力がらみのデリケートな話題の報道ではない、
自らの不祥事を暴かれての逆ギレだ。ふざけてる。』


道警はいつものように道民をバカにしきったコメントがコレ。
『道警監察官室は「公表する事案でなく、コメントはしない」としている。』


警察の報復といえば、京都府警を思い出さずにはいられない。
共有ソフトWinnyの作者、金子勇さんが京都府警に逮捕された件。
京都府警の巡査がWinny絡みで逮捕され、その責任を金子勇さんの押し付け逮捕した。
金子さんは裁判で無罪になったが、それらの心労で若死してしまいました。

日本ではグーグルやユーチューブのような世界的企業が育たない原因が警察の横暴と言われています。



帯広署は不祥事続きでまだまだ隠しているのがありそうだね。
夜な夜なメガドンの駐車場でドキュン軍団が騒いでいるそうだから
追いかけまくって単独事故でも起こさせたら、市民も喜ぶと思うぞ。



税金とか諸々を支払うのに、コンビニでは30秒もかからないのに
同じのを銀行窓口ではなんで5分もかかるんや?
それに+待ち時間だしの。


ゲイノー人のブログなど読む気はないが
小林麻央ブログは見てる。
子供へのイショだな。
色々考えさせられる。



最近の世界ニュースを見ていると
人類の終末が近づいているのではないかと思えるな。
三次世界大戦に勝者がいるとは思えない。



ツイッターすごい! 勝毎最低!

他町で犠牲者も大きな被害も出てアカラサマに喜ぶには気が引けるけど
なんとか踏ん張ってくれた十勝川堤防に手を合わせた帯広人もいるよね。



昨日からの帯広危機に際して、
ツイッターの威力が改めて再認識しました。
情報共有で大きな力を発揮したツイッター。
経営不振と言われているがすでに社会のインフラの一つかも。

対して腹立たしかったのが勝毎。
リアルタイムで避難勧告とか溢れたとか見出しのみ提供して、
その先は会員のみご覧になれます、だとさ。
今回の帯広危機に際して勝毎は何の役にも立たなかったことを覚えておきます。



それと役に立った情報として
国土交通省の川の防災情報。
http://www.river.go.jp/kawabou/ipSuiiKobetu.do?obsrvId=2335700400014&gamenId=01-1003&stgGrpKind=survOnly&fldCtlParty=no&fvrt=yes
10分置きに十勝大橋の水位が表示された。
自分は先を争って避難する立ち位置ではないが
二番手での避難はありうる立ち位置なので
10分置きに更新して確認していたさ。
溢れるだろうなとほぼ覚悟したけど、
まだ雨降っている時に水位が下がり始めた時は本当に嬉しかったな。

ひらがな終戦の詔書

終戦の日ですね、敗戦の日ですけどね。
次回大戦の暁にはぜひとも悲願の勝ち組みに名を連ねたいものですね。
戦争はイヤですか?

先の敗戦時の終戦の詔書をひらがなで書いてみました。
私も最初はなんて読むんだと苦労しましたから。

皆さんもこれを暗誦しませんか。
右とか左とかは関係ありません。
ただひたすらボケ防止のためにね。


ちんふかくせかいのたいせいとていこくのげんじょうとにかんがみ
ひじょうのそちをもってじきょくをしゅうしゅうせんとほっし
ここにちゅうりょうなるなんじしんみんにつぐ。

ちんはていこくせいふをしてべいえいしそしこくにたいし
そのきょうどうせんげんをじゅだくするむねつうこくせしめたり。
そもそもていこくしんみんのこうねいをはかり
ばんぽうきょうえいのたのしみをともにするはこうそこうそうの
いはんにしてちんのけんけんおかざるところさきにべいえいにこくに
せんせんするゆえんもまたじつにていこくのじそんととうあのあんていとを
しょきするにいでたこくのしゅけんをはいしりょうどをおかすがごときは
もとよりちんがこころざしにあらず。

しかるにこうせんすでにしさいをけみしちんがりくかいしょうへいのゆうせん
ちんがひゃくりょうゆうしのれいせいちんがいちおくしゅうしょのほうこう
おのおのさいぜんをつくせるにかかわらずせんきょくかならずしもこうてんせず
せかいのたいせいまたわれにりあらず。

しかのみならずてきはあらたにざんぎゃくなるばくだんをしようしてしきりに
むこをさっしょうしさんがいのおよぶところしんにはかるべからざるにいたる
しかもなおこうせんをけいぞくせんかついにわがみんぞくのめつぼうを
しょうらいするのみならずひいてじんるいのぶんめいをもはきゃくすべし
かくのごとくんばちんなにをもってかおくちょうのせきしをほし
こうそこうそうのしんれいにしゃせんや。
これちんがていこくせいふをしてきょうどうせんげんにおうぜしむるにいたれるゆえんなり。

ちんはていこくとともにしゅうしとうあのかいほうにきょうりょくせるしょめいほうにたいし
いかんのいをひょうせざるをえずていこくしんみんにしてせんじんにしし
しょくいきにじゅんじひめいにたおれたるものおよびそのいぞくにおもいをいたせば
ごだいためにさく。
かつせんしょうをおいさいかをこうむりかぎょうをうしないたるもののこうせいにいたりては
ちんのふかくしんねんするところなり。


おもうにこんごていこくのうくべきくなんはもとよりじんじょうにあらず。
なんじしんみんのちゅうじょうもちんよくこれをしる
しかれどもちんはじうんのおもむくところたえがたきをたえしのびがたきをしのび
もってばんせいのためにたいへいをひらかんとほっす。

ちんはここにこくたいをごじしえてちゅうりょうなるなんじしんみんのせきせいにしんいし
つねになんじしんみんとともにあり。
もしそれじょうのげきするところみだりにじたんをしげくしあるいはどうほうはいせい
たがいにじきょくをみだりためにだいどうをあやまりしんぎをせかいにうしなうがごときは
ちんもっともこれをいましむ。
よろしくきょこくいっかしそんあいつたえかたくしんしゅうのふめつをしんじ
にんおもくしてみちとおきをおもいそうりょくをしょうらいのけんせつにかたむけ
どうぎをあつくししそうをかたくしちかってこくたいのせいかをはつようし
せかいのしんうんにおくれざらんことをきすべし。
なんじしんみんそれよくちんがいをたいせよ。

ぎょめいぎょじ。





七夕の露店に思う

警察の横槍で七夕の露店が出店できなくなった件、
道路を封鎖してそこに出すようになったのは良い案だと思うのだけど
それができるのならもっと早くからやれよ、とおもた。
もう昔から狭い歩道を多くの人がコスレながら行きかっていたし
そこの道路がそれほど交通量が多いわけでもなかったのだしね。


警察の横槍と言えば、
少し昔に北見のソーラーカーレースが中止に追い込まれた件を思い出す。
公道を使ってのレースだったが、警察のイチャモンで民間の活力が削がれた許し難い暴挙だった。


話はオボロゲだが、その暴挙の警察署長が帯広に来て、
今度はタウンエイトアーケードの路駐で嫌がらせ取締りで関係者とバトルしたはずだ。



勝毎さんに天候不順で作物に影響の記事が出ていたが、
早くトウキビの値段が下がりますように。
チマタでは今夏の帯広の空は釧路のそれらしい。


ポケゴがSNSを席巻しそうな勢い。
仮想現実が増々リアル化してきて
昭和生まれには何が何だか理解でませんね。
歩きスマホが迷惑と言われて久しいが、さらにそれに拍車をかけると思うぞ。
歩きスマホ禁止令が出るかも。

「防衛費は人を殺すための予算」、その通りでは?

『共産・藤野保史氏発言 
「自衛隊に助けられた」地震被災者は猛反発…民進陣営から悲鳴「共産共闘は間違いだった」』


これは産経の記事だが明らかに世論誘導の目論見が見え隠れしている。
中国との極地交戦が近づいている中、何を呑気なこと言っているのだ産経は。
その交戦の時、現場がこの記事で躊躇したら何百人が命落とすぞ。

「自衛隊に助けられた」?
自衛隊はボランティアで助けたわけじゃない。
仕事として当たり前の作業をしたまでで、感謝するなとは言わないが
何をへりくだってタテマツル必要がある。
そこにあるのは戦前の「臣民」根性が未だに抜け切れていない哀しい奴隷根性だな。
それにしても熊本被災者は全員怒っているような書きぶりにはウンザリだよ。
たった一人の発言が全員か?


当方は無党派層だが、いつも共産党に投票する「ヤケクソ」支持者だ。
共産党への「ヤケクソ」支持者は多いはず、それが躍進に繋がっているしね。



二週間ぶりの晴れ間、晴れた日の空の色を忘れるとこだったよ。
でも日照不足による農作物への影響とかのニュースは届いていないよね。


帯広も町内会への加入率の低下が止まらないと勝毎さん。
恐らく町内会が廃止になれば、一番喜ぶのは町内会だろう。
今の町内会がなんとか生き残っているのは、「ゴミ出し場」の権利を人質として持っているからに過ぎない。
未加入者はどこにゴミを出せばいいの?
帯広市はその回答を出す気はないし、出しても町内会にご相談くださいの一点張り。

未加入者のゴミ出し場が指定されれば、一夜にして町内会は瓦解するぞ。

勝毎さん、未加入者はどこにゴミを出せばいいのか、市に聞いてきてください。

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

フォトギャラリーブログTOP

サイト内検索

最近の記事