帯広ナビ | 帯広なびブログ

8月!ウーパールーパー&イモリを特価で



ウーパールーパーが、通常2400円のところ、

夏の特価販売800円で登場です。



人気のアカハライモリも、今なら300円での

提供です。




今回、ウーパールーパーは、

グレーの原種タイプと、



アルビノタイプの2色、合計3種類入荷しています。

どうぞご来店ください。

ホタルの鑑賞会開催しました



小さな大自然の店内、カフェ・、緑の星にて、

7月31日夜7時半から、ホタル鑑賞会を開催しました。

天井から直系1.8mの大きなパラソルをつり下げて、

ナットを組み合わせて、そn中に、ホタル再生事業で

来年の種親となるホタルの一部、約300個体が

光り輝く様子を観賞しました。

店内を真っ暗人すると、次第にホタルは光り始め、

間近に観賞していただくことができました。



北海道産のヘイケボタル(オス)です。

成虫の期間は、わずか1週間ほどです。

ホタルの光はm優しい緑色です。

ホタルの観賞や飼育、再生などに興味のアル方は、

小さな大自然の店まで、どうぞお問い合わせください。

続々誕生するお魚の赤ちゃん



本日は、店スタッフによる熱写の成果をご報告します。

100尾以上の稚魚たちが、店内にある、写真のブルカミアD

使用水槽で誕生し、育っています。

ブルカミア+底面循環で、濾過がうまくいっている水槽では、

水換えしなくて良いので、そのまま子どもたちを育てています。

大きさは、現在、全長6mmくらいです。5日経過しました。



時々、すべての子どもたちが、ガラスの壁沿いに貼り付くように

集まって、動かない状態になります。これはどうしたのでしょう。



隣の水槽で、母親が心配そうに子どもたちを見ています。

母親が姿を見せたので、子どもたちが、集まっていたのです。

種類は、アピストグラマ・マクマスデリーです。

何度も産卵をしているペアですが、ふ化後2日目に、ストレス

からか、突然、子どもたちを食べ始めてしまいました。

そのため、子どもたちと母親を、引き離して育てることに

したのです。マクマスデリーの成長の様子は、売り場で

そのまま皆さんに公開しています。

ぜひご来店いただき、直接ご覧ください。

1枚の葉から新しい生命誕生を体験



きょうは、夏休みの自由研究にも最適の、不思議な葉を紹介します。

この1枚の葉は、大きさ8cmくらいです。

よく見ると、葉のへりのへこみに、少し白いヒゲみたいなものが

出ていることがあります。



葉っぱの正体は、ピンクや赤の花を咲かせる、

セイロンベンケイソウです。



切り離した葉っぱを、水のある場所に置いておくと、

数日で、葉のへこみの各所から、新しい芽が出てきます。



さらに10日経つと、葉がいくつも出て、新しい株に育ちます。



植木鉢に植え替えると、新しいセイロンベンケイソウを

育てることができます。

ご家庭でも簡単に体験できる生命誕生。

芽のでる葉、という名前で、小さな大自然の店にて、

この不思議な葉っぱを200円で販売しています。



見やすく広がったグッピーコーナー



写真は、アルビノの、ラグナデバトスグッピーです。




この写真はオスです。

いわゆるブドウ目タイプのアルビノ遺伝子を導入することで、

ラグナ・デ・バトス系統本来の、濃い原色の赤を基調とした

鮮やかな色彩が出ています。

単にアルビノを掛け合わせたのではなく、更に原種のラグナ・

デ・バトスと戻し交配を行い、2世代目で祝言したアルビノを

固定したため、形質が安定した品種となっている貴重品です。

ペアで2000円を切る価格は注目です。

ラグナ・デ・バトス系統は、原種グッピーの中では多産系です。

その理由はまたの機会に紹介しましょう。



さて、こちらは、RREAドイツイエロータキシードです。



こちらは別の角度から。

尾びれ、背びれともに良く仕上がった系統で、しかも過剰な

プラチナが乗らずオリジナルの色彩を引き継いだ貴重品です。

現在、この系統は特別にペア2500円で提供しています。

安定して美しい子ども世代が得られる優良国産グッピーで、

初心者からでも安心して始められる品種としてお勧めです。

こちらはRREA(リアル・レッド・アイ・アルビノ)

ですので、真っ赤な色の明るい目と、淡い体色が特徴で、

ドイツイエローの特徴が良くマッチした品種として感性

されています。

<< May 2019
SunMonTueWedThuFriSat
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

フォトギャラリーブログTOP

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー