帯広ナビ | 帯広なびブログ

2月号を見てお得get!


『金魚百趣』展、おかげさまで大好評です!
全国的な観賞魚フェアでも、
はたまた巨大水族館でも、
高級金魚、地方金魚、外国金魚が、
こんなに集まって一度に見られる展示会は、
過去どこにも前例が見あたりません。
まだご覧になってないお客様は、
この機会に、ぜひお立ち寄りください。
2月14日まで開催しています。
店の場所は、帯ナビのMy Shop のページで、
地図を掲載していますのでご確認ください。
http://www.obnv.com/pets/576
です。
トップの写真は、今回の展示会で一番人気の
トサキン(土佐錦)です。
珍しいトサキンの上級品(写真)が見られる
ほか、その小さな兄妹魚(写真)が、店で
予約して買えることも皆さんにたいへん
喜んでいただいています。
展示会の金魚は、すべて、予約して展示会
終了時に買うことができます。
展示会は、このあと、千葉県習志野市に移動して
しまいます。チャンスはあと少しですので、
ぜひ2月14日までにお越しください。
さて、金魚展開催期間中の2月9日まで、
次回展示会(2/15〜)のプレ・イベントと
して、ご来店の皆様だけに、お得なプレゼント
企画を実施中です。
簡単に飼える小さな生きものが、5匹まで、
もらえてしまうというスゴい企画ですが、
いったい、種類はなにかは、ブログ、
新聞誌上の記事でも公開していません。
内容は、
1/26に十勝全域に配布開始された
月刊CHAIを、十勝のどこかでご覧いただき、
巻末の「小さな大自然の店」広告ページを
ぜひご覧ください。
CHAI2月号をご覧になり、店に直接ご来店
いただくのがプレゼントの条件ですので、
お早めにご確認ください。

金魚百趣展スタート!


2010(平成22)年元旦まで、準備作業を重ね、ようやく、史上最大級の
展示会(見学無料)、
「新春『金魚百趣』展」
を開始しました。環境ホタル塾「小さな大自然の店」店内中央に、
約70本の水槽陳列を新設し、ほぼ毎月(?)、すべて見学無料にて、
テーマ別展示会を開催していきます。
その第一弾が、国内外から、あらゆる品種の金魚を一堂に集めた、
『金魚百趣』展
となりました。
1枚目に登場の写真は、「江戸茜(えどあかね)」です。
東京都水産試験場の江戸琉金(リュウキン)の中に、昭和50年代に
出現したアルビノ個体を保存し、系統繁殖したもので、本物は、
ほとんど市場流通していません。最近見られるようになった、
アルビノリュウキンとは、濃いオレンジレッドの個体が出現すること、
頭の後ろが反り、尾びれが垂れず張りが良い江戸リュウキン特有の
体型を受け継いでいることです。
今回の展示では、日本、中国、タイ、イギリス、アメリカ原産の
金魚各品種を、およそ100品種集めて、金魚の歴史や体型・色の
秘密など、これまで明らかにされてこなかった、各種情報解説パネルと
ともに紹介しています(見学無料)。

2枚目の写真は、近年人気が上昇している浜松ランチュウです。
今回の展示では、弥富(やとみ)ランチュウ、京都宇野直系ランチュウ、
近年復元された大阪ランチュウをはじめ、見応えのある高級品種も
たくさん顔をそろえています。
これほどの金魚が、国内外から集まり、それぞれの詳しい品種紹介と
ともに展示されるのは、これまでにもほとんど前例のない大規模な
ものです。
皆様お誘い合わせの上、どうぞお気軽にご見学・鑑賞・ご堪能ください。

お問い合わせ:0155−22−4813
e-mail: eco.hotaru@gmail.com
※会場アクセスと地図は、環境ホタル塾の
 ショップページをご覧ください。

<< June 2019
SunMonTueWedThuFriSat
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

フォトギャラリーブログTOP

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー